亚洲通_官网◆~

图片

ENTRANCE

外国人留学生選抜

受験

募集人員

学部学科入学
定員
外国人留学生
選抜
新ガリレオ
選抜
学校推薦型選抜
系列校?指定校?
公募の合計
自己推薦型
選抜
一般
選抜
一般選抜
大学入学共通
テスト利用選抜
工学部機械工学科92若干名1046若干名2412
情報工学科9010452312
電気電子工学科8010402010
建築学科8010402010
都市環境学科50625136
薬学部薬学科18015757020
保健医療学部看護学科908333316
理学療法学科50520187
義肢装具学科30312105
臨床工学科706282412
診療放射線
学科
505152010
未来
デザイン
学部
メディア
デザイン学科
8010402010
人間社会学科50625136
合計992-104444-308136

試験日程

出願期間
2022年11月1日(火)~11月7日(月)
(書類は11月8日(火)必着
試験日
2022年11月20日(日)10時
合格発表
2022年12月2日(金) 10時

出願について

出願資格

次の①~③をすべて満たす者

  1. 外国の国籍を有する者で、日本以外の国で通常の課程による12年の学校教育を修了した者又はこれに準ずる者(外国の国籍を有する者であっても、日本国内の高等学校を卒業した者は除く)
  2. 「出入国管理及び難民認定法」に定める在留資格の「留学」を取得済、もしくは取得可能な者
  3. 「日本語能力試験」N2レベル以上又は「日本留学試験」の『日本語』科目で『読解』『聴解?聴読解』の合計が200点以上の者
    日本留学試験は2020年11月、2021年6月、2021年11月、2022年6月実施分のいずれかが対象となります。

出願方法

  • 第1志望学科に出願
  • NET出願サイト「+Entry」より出願

出願期間

2022年11月1日(火)10時~11月7日(月)(書類は11月8日(火)必着

出願書類

日本国外から送付する場合は、国際スピード郵便(EMS)で送付してください。

  1. 志願票※1
  2. 履歴書※1
  3. 志望動機書(本学指定様式)※1
  4. 成績証明書※2、※3
  5. 卒業(修了)(見込)証明書又は在学証明書もしくは在籍証明書※2、※3
  6. 住民票の写し(日本国内に在住する者)又はパスポートの写し
  7. 日本国内に在住する身元保証人の身元保証書※1、※4
  8. 出願資格③を示す書類※5
    ?日本語能力試験:合否結果通知書写し又は日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書写し
    ?日本留学試験:受験票写し
  1. 日本語で記載されたもの。
  2. 日本語又は英語で記載されたもの。それ以外の言語で記載されている場合、別紙で和訳又は英訳文を作成し、翻訳された内容が原本と相違ないことについて、出身学校又は大使館等公的機関で証明を受け、添付すること。
  3. 高等学校卒業後、大学等へ進学している者は、最終出身校の証明書も併せて提出すること(最終出身校に日本語学校は含まない)。
  4. 身元保証書の提出について、身元保証能力を示す資料を求めることがあります。
  5. 日本留学試験を複数回受験している場合、いずれか1回分の書類を提出してください。

入学検定料

30,000円

試験について

試験日

2022年11月20日(日)10時

試験場

札幌(本学)

選考方法

小論文(日本語)60分及び面接試験(日本語)により総合的に判定します。

小論文の出題に基礎学力を問う内容を含む面接試験は口頭試問を含む

合格発表

2022年12月2日(金)10時

入学について

入学手続期間

書類提出
2022年12月3日(土)~12月16日(金)必着
入学金納入
2022年12月3日(土)~12月16日(金)
授業料等納入
2022年12月3日(土)~2023年2月16日(木)

入試に関するよくあるご質問をまとめました

  • NET出願とはどのような出願方法?
  • 出願書類の郵送期限はいつですか?

募集要項?パンフレット?入学案内などの資料ダウンロードや請求はこちら

最新情報も届く!

LINEトーク個別相談

友だち追加

ID検索@hus_plus_pro

なんでも質問してみよう!

大学のこと、受験内容、学生生活などみなさんの悩みや疑問についてLINEで回答いたします。

相談日時 毎週火?木 8:30?16:30(祝日除く)

北海道科学大学公式LINEのQRコード

受験に関するお問い合わせ

入試課0120-248-059

受付時間(本学休業日を除く)
平日(月~金)9:00?17:00

先輩が北海道科学大学に入学を決めた理由