亚洲通_官网◆~

图片

PUBLIC PROGRAM

薬剤師生涯研修認定制度

地域連携?公開講座

重要なお知らせ

  • 2022年06月09日病態?薬物治療フォローアップ講座の「第1回 炎症性腸疾患(IBD)」の医師の講師が「医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院 副院長?IBDセンター長/前本 篤男 先生」に決まりました。
  • 2022年06月07日<ポートフォリオの提出を終えられた方へのご案内>認定単位は、ポートフォリオ提出期間終了後に事務局にて内容を確認の上、承認された方へ授与となります。つきましては単位の授与まで2ヶ月程度お時間を頂戴致します。
  • 2022年05月24日「HUS生涯学習システム」の導入に伴い認定単位シールは廃止となり、認定単位も電子データ化いたしました。 認定単位の電子データは「単位管理システムPleso-Near(プレソ-ニア)」でご利用いただけます。 ご利用方法については「単位の取得方法」をご確認ください。
  • 2022年04月01日2022年4月より、講座へのお申し込みは「HUS生涯学習システム」からとなりました。 受講をご希望の方は「HUS生涯学習システム」にログインの上でお申込ください。
  • 2022年01月31日日本薬剤師研修センター電子システム化に伴う対応について及び 北海道科学大学生涯学習受講電子システム化についてPDF
  • 2021年10月22日亚洲通感染拡大防止による各研修会中止に伴う 単位修得要件の変更及び認定基準の緩和についてPDF

薬剤師生涯研修認定制度や申請に関するご質問をまとめました。

講座へのお申し込み

2022年4月より、北海道科学大学 薬剤師生涯学習センター主催講座へのお申し込みは、HUS生涯学習システムからとなります。

HUS生涯学習システムのご利用には、ユーザー登録が必要です。

単位管理システムPLESO-Near(プレソ-ニア)

2022年4月より、受講管理システムが電子化されたことに伴い、認定単位シールを廃止し、電子データ化いたしました。
認定単位の電子データは「一般社団法人 薬剤師生涯学習教育支援機構(PLESO)」が運営する「単位管理システムPleso-Near」にてご利用いただけます。

「単位管理システムPleso-Near」のご利用には、ユーザー登録が必要です。

本制度の特長

多彩なテーマをラインナップ

本制度では、最新の薬物療法から、コミュニケーション、薬事関連制度まで、受講者のニーズにあわせた多彩な研修テーマをご提供いたします。研修方法も、講義、ワークショップ、実習など様々。一歩上をいく薬剤師のための講座です。

遠隔地でも受講できるE-ラーニングシステム

講義形式の講座(薬剤師アップトゥデート講座、病態?薬物治療フォローアップ講座)においては、講義の様子をスライドとともにビデオ撮影し、インターネット上で配信。遠隔地にお住まいの方や都合で会場へ来られない方は、パソコンを使えばご自宅にいながらにして本講座を受講することができます(事前申し込みが必要です)。

学んだことを身につける?学習ポートフォリオ?

各講座で学習したことを現場で実践し、その結果をふり返る「ポートフォリオ」により、単に知識や技術の習得にとどまらない、「身に付く学習」を支援いたします。ポートフォリオは自己研鑽のスタンダードとして評価されております。

北海道科学大学 薬剤師生涯学習センター

〒006-8585 札幌市手稲区前田7条15丁目4-1
TEL: 011-676-8689 (平日8:30~17:00) E-Mail: kensyu@hus.ac.jp